腸内環境を整えたり、減量をしたりする上で注目されるのは、食物繊維です。食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2諸々があり、この2つの食物繊維の取り方を考えると腸内環境が整って赴き易くなります。
水溶性食物繊維は、こんにゃくにおいていらっしゃるグルコマンナン、熟しているくだもの、かぼちゃなどに含まれているペクチン、メカブや昆布などの海藻類に含まれているアルギン酸とフコイダンがあります。水溶性食物繊維の自負としては、ヌルヌルとした粘性があるので、サッカリドが吸収される足取りを制することができ、血糖件数の上昇を緩やかにしてくれます。
不溶性食物繊維には、蟹やエビの殻においておるキトサン、いちごやココアに含まれるリグニン、ペクチン、リンゴやゴボウ、大豆に含まれるセルロースなどがあります。ペクチンは、水溶性食物繊維でもありますが、熟している果実には水溶性が、熟していない果実は不溶性が含まれています。不溶性食物繊維は便のかさを繰り返すプラスがあり、有害な物を外へ排出する働きがあります。
腸内環境を考えた事、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の割合は、1対2が理想です。どちらかが多いと逆に便秘になりやすくなり、便がスムーズに放出されなくなります。野菜を数多く食べ、食物繊維にも注目しているのに便秘になっている場合は、どちらかの食物繊維に偏っている可能性があるので、様々な根源を取り入れるように工夫してみましょう。HP